2019年4月28日「エマオでのふたりの開眼」今村まさゑ協力牧師

「エマオでの二人の開眼」 今村まさゑ協力牧師

ルカによる福音書24章13~35節

 

日曜日の早朝、イエスは復活されて墓には遺体がなく、代わりに墓に天使たちが現れ「イエスは生きておられる」と告げたと婦人たちから聞きながら、二人の弟子は11㎞ほどのエマオへと歩を進めていました。イエスこそイスラエルを解放して下さる方だと望みをかけていたのに捕らえられ処刑されてしまった、自分たちにも追手が迫るかもしれない。

一刻も早くエルサレムから離れ郷里に帰ろうと急ぎながらも、数日の出来事を論じ合っていました。そこへ復活されたイエスご自身が二人に近づき話し合いに加わりました。

三日前に十字架刑が行われましたが、今回は特別で、朝の9時に釘打たれ12時になると昼なのに全地は暗くなり、それが3時まで読いた。そして遂に息を引き取られると地震が起こり、神殿の垂れ幕が真二つに裂けた。エルサレム中が騒然となっているのに、全くそのことを知らないなんて呆れた旅人だと説明し始めました。知識的には分かっていても肝心なことが信じられない二人に「ああ、物分かりが悪く、心が鈍い」と言われます。心の反応が遅い、神のみ心に追いつくのに遅すぎるという意味です。そこでイエスは、聖書全体から説き明かしご自分について説明されました。受難予告(ルカ18:32~)通リの苦しみを受けて神の栄光に入るはずではなかったのかと。

2~3時間の道のりはあっという間に過ぎ、夕やみが訪れ二人の旅も終わりです。しかし、もっと話を聞きたい二人は、無理に引き止め夕食に招きます。そこから主客が逆転し「イエスはパンを取り、讃美の祈りを唱えられた」。祈りの言葉は記されていませんが、もしかすると「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神。すべての祝福の源である父なる神。あなたの与え給うたこのパンを祝して下さい。アーメン」というような言葉であったかも知れません。「祈りを唱えられパンを裂いて渡して下さった時、二人の目が開け、イエスだと分かった」と記されています。そして分かったと同時に、その姿は見えなくなったのです。見えなくなったのに、心は燃え出していたのです。一時的ではない。燃やされ続ける炎が二人の魂に灯されたのです。鈍感だった二人が、33節では「時を移さず出発して、エルサレムに戻った」のです。戻ってみると散り散りに逃げていた11人の弟子たちが集まっていて「本当に主は復活して現れた」と言っていたのです。二人も、「道で起こったことや、パンを裂いて下さった時にイエスだと分かった次第を話した。」私たちも互いに証しをし合いたいものです。そして、祈りましょう。

「主なる神よ。よみがえり、今、生きておられるイエス・キリストに、われらを結びつけてください。」 ブルームハルト牧師(ドイツ)「夕べの祈り」より

 

 

コメントは受け付けていません。