31. 10月 2018 · 2018年10月21日「戦うことを選ばない」加山献牧師 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 宣教メッセージ

「戦うことを選ばない」加山献牧師

創世記26章26節~33節

イサクはゲラルという地域に寄留者(外国人)として住み始めました。12節には「イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫があった」とあります。しかし、その土地の住民はイサクをねたむようになり、イサクの父アブラハムが、かつて掘った井戸をすべて塞ぎました。当時、井戸を失うということは命に関わる大問題でした。それは砂漠の中での飲み水を失うことであり、作物を育てるための水も失われることでもありました。イサクはこの時、考えられないような不当な仕打ちを受けたのです。

16節で、その土地の住民のリーダーであったアビメレクがやってきてイサクに告げました。「あなたは我々と比べてあまりに強くなった。どうか、ここから出て行っていただきたい。」アビメレクの語るところによれば、イサクは彼らと比べて「あまりに強くなった」ということですが、イサクはその力でもって戦うことを選ばなかったのです。一生懸命耕した畑も、一生懸命種を撒いて育てた作物も手放して、イサクはそこを去ってゲラルの谷へ降りていきました。

ゲラルの谷にも父アブラハムが掘った井戸がいくつかありましたが、それらの井戸もペリシテの人々によって埋められていました。パレスチナの水脈は深く、必然的に井戸も深く掘らなければなりません。イサクはこれらの井戸を僕たちと一緒に掘り起こして、父アブラハムが付けたとおりの名前を付けました。ところが現地の羊飼いたちがイサクの羊飼いたちと争って「この水は我々のものだ」と言いだしました。きっとイサクの僕たちの中には「イサク様、断固戦いましょう。この井戸は私たちのものです。あなたのお父様が最初に掘り当てて、今度は私たちが汗水流して掘り直したのです、彼らに渡してはなりません」と主張する人もあったでしょう。ですがイサクは、今度もそこから離れていきました。イサクはそれらの井戸を「エセク(争い)」「シトナ(敵意)」と呼び直しました。彼は「争い」と「敵意」から離れていったのです。

やがて、アビメレクが軍隊の代表者2名を伴ってやってきました。この3人で来たということにイサクに対する最大限の敬意が表わされています。イサクはたずねました。「あなたたちは、わたしを憎んで追い出したのに、なぜここに来たのですか。」 すると彼らは答えました。「あなたと契約を結びたいのです。」そこでイサクは彼らのために祝宴を催した、というのです。

あの時こんなことをされた、あの時はこんなひどい扱いを受けた、そのような想いをイサクも持っていなかったわけではありません。ですが彼は、そのような想いに縛られませんでした。彼らのために祝宴を開き、彼らと一緒に喜び楽しむことを選びました。「祝福」は相手の態度から出たのではなく、イサクの選び取りであり、イサクの決断でした。相手がどうであろうとイサクは「祝福」を与えました。この世界では報復に対する報復が繰り返しおこなわれています。誰がどのようにこの連鎖を断ち切るのでしょうか。この世界にはイサクのように生きる人々が求められています。      (10月21日)


Comments closed