19. 5月 2018 · 2018年5月6日 「胸をはって生きていこう」 加山 献 牧師 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 宣教メッセージ

『胸をはって生きていこう』 ローマの信徒への手紙5章1~11節

加山 献 牧師

ある心理学者が人間を不幸にする感情がふたつあると言いました。ひとつは憎しみ、もうひとつは罪悪感だそうです。憎しみは「他人」を赦すことができないということであり、罪悪感は「自分」を赦すことができないということだそうです。

ローマ書5章は「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから・・・」という言葉ではじまります。「義認」という言葉があります。「義認」は聖書の教えの中で大切な要素の一つであり、わかりやすくいうと、正しい人と認められるという意味をもっています。いったい誰から、正しい人と認められることだというのでしょうか。人の基準で正しいものと認められるという意味ではありません。わたしたちは、神様の目から見て、神様の基準で正しいものと認められたというのです。

わたしたちは行いによって義とされたのではなく、信仰によって、義とされたということに注目したいと思います。昨年は宗教改革があって、500年目の年でした。マルティン・ルターがこの改革の立役者でした。彼は人一倍、神様に認められることを求めていた人でした。しかし、正しくあればあろうとするほど、救いの確信も得られず罪悪感にさいなまれていたのです。彼はローマ書の研究に没頭しているときに次のことに気づいたといいます。自分はもうすでに神に認められ、受け入れられていたという事実に。

神は聖なる方で、圧倒的なきよさのゆえに少しの罪も見過ごすことのできない方です。その正しさのゆえに、私たちの罪を大目に見ることはできないお方なのです。「しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。」(8~9節)まさに「十字架」、それは神の義と神の愛の出会えるところなのです。

わたしたちの罪を見過ごすことはできない、しかしわたしたちを愛してやまない神がイエス・キリストを十字架によって、私たちの罪の代価を全て支払ってくださったのです。わたしたちはキリストの血によって、それを信じる信仰によって、義とされ、正しいものとされ、認められ、受け入れられ、許されました。わたしたちはもはや自分自身を責め立てる必要はありません。謙虚に、それでも胸をはって生きていくことがゆるされているのです。  (5月6日)


Comments closed