02. 12月 2017 · 2017年11月26日「救いをもたらす神の恵みの現れ」今村幸文牧師 はコメントを受け付けていません。 · Categories: 宣教メッセージ

救いをもたらす神の恵みの現れ 

テトス2章11~15節

神の恵みはどこに現れたのでしょうか。先ずイエス・キリストの降誕、誕生であり、そしてその生涯、十字架、復活などにおいて現わされました。

神の恵みは人類の歴史とキリスト者の人生や生活に方向転換を齎らしました。

神の恵みが現れた目的

第一、神の恵みは、私たちのどんなわざにもよらず、ただ神の憐れみによって、罪と滅びから救い出したもうのです。神の恵みは、私たちが不信心と現世的な欲望を捨てて自己自身の生き方を思慮深くし、神のみことばに従って隣人に対して正しく振舞い、神に対して信心深く向き合い、生活するためです。

第二は、祝福に満ちた希望に生きるためです。この世は武力、権力、財力が横行し、人間のはかりごとが巡らされ、紛争、抗争、戦争などによる失望と野望と絶望が漂っています。神の恵みによって神との関係を正しくされた者は、キリストの姿に似た者とされ、神の御国に入れられ御国を継ぐ者となるのです。

13節に、イエス・キリストを偉大な神であり、と記されています。

これは聖書が書かれた当時の皇帝を神と呼ぶ皇帝礼拝を批判してイエス・キリストは神である、と主張しているのです。もうひとつは、父、御子、御霊は、一体であるという三位一体の神信仰が表されているということです。聖書の神は、父として、御子キリストとして、聖霊として豊かに働かれる唯一の神です。

キリストが私たちのためにご自身を献げられた目的

第一に、私たちをあらゆる不法から贖い出すためです。不法とは、神の戒めに背く行為です。そのような行為をもたらす私たちは、罪の力の下に服させられています。そのような状態から私たちを解放するためにキリストは十字架において罪に勝利し復活して新しいいのちに生きる力を与えてくださったのです。

第二に、良い行いに熱心な民をご自分のものとして清めるためでした。良い行いとは、神の戒めに従うことです。神の戒めは、十戒に代表されます。

教会は神からの愛を受けて、神への愛と隣人への愛に熱心な神の民です。「良い行いに熱心な民をご自分のものとして清める」の清めるとは、聖霊によって聖化されることです。教会は、聖霊によって聖化されていかなければなりません。教会は私たちのものではなく、キリストのものとされなければなりません。


Comments closed