2021年4月18日「新しい命に生きる」加山献牧師

「新しい命に生きる」加山献牧師

ローマの信徒への手紙6章4節

「わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。」 (ローマ6:4)

ルカ福音書にザアカイという人物が登場します。ザアカイは人々から税金を取り立てることが仕事でした。金持ちでしたが、みんなに嫌われ、友達の少ない、寂しい日々を過ごしていたと思われます。主イエスはそのようなザアカイのところにきて「ザアカイ、今日はあなたのところに泊まりたい」と語られました。

主を食卓に迎え、ザアカイは新しい人生を生きていく決心をしました。「貧しい人に施します。人々から騙し取った分は4倍にして返します。」 彼がそのように宣言すると、主は次のように言われました。「今日、救いがこの家を訪れた。」

主イエスの語る救いとは、具体的に人の生き方が変えられていくことを含んでいます。ザアカイの人生は奪い取る人生から与える人生に、獲得する人生から分かち合う人生に変えられていったのです。

イエス・キリストご自身も与え続ける方でした。人々に勇気を与え、希望を与え、癒しを与え、希望を与え、そしてついに十字架によってその命をも注ぎだされました。主はすべてのものを与え尽くした方だったのです。キリストを信じるということは、そのようなキリストに似たものに変えられていく、変えられ続けていく歩みを意味します。

「わたしたちはバプテスマによってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなった」 と使徒パウロは記しました。古い自分はキリストと共に葬られました。今までは、生まれたままの自分が、生まれたままの自我によって、生まれたままの欲望を持って、生まれたままの考えで生きてきました。いつも自我が中心にありました。そのような古い私が葬られ、そして新しい私が生まれる。キリストと共に生きる私が産声をあげる。自分のために生きる私ではなく、他人のために生きる私、隣人のために生きる私、神様のために生きる私が産声をあげたのです。

 

 

コメントは受け付けていません。