2021年4月11日「イエス・キリスト 地上宣教命令」朱承圭協力宣教師

「イエス・キリスト 地上宣教命令」朱承圭協力宣教師

マタイによる福音書28章16節~20節

この聖書箇所には、イエス様が地上のご生涯の最後の場面で、弟子たちに語られる姿がでてきます。イエス様は弟子たちと3年間共にいました。そして天に昇られる前に、弟子たちに最後の命令されたのです。イエス様が弟子たちにされた最も大きな命令はどのようなものだったのでしょうか?(19節)

イエス様は弟子たちに3つのことをおっしゃいました。

一つ、すべての民を弟子としなさい。

二つ、バプテスマを施しなさい。

三つ、主の教えを守るように教えなさい。

韓国語訳の聖書では命令形が4つ出てきます。“行きなさい”“弟子としなさい”“バプテスマを施しなさい”“守るように教えなさい”です。しかしギリシャ語本文で見ると、“弟子としなさい”だけが命令形であり、残りの三つは分詞形となっています。言い換えれば、弟子とするために行くべきであり、弟子とするためにバプテスマを施すべきであり、弟子とするために御言葉を教えるべきだということです。

そしてイエス様は、弟子たちに“インマヌエルの約束”をしてくださいました。イエス様は弟子たちに「世の終りまで、いつもあなたがたと共にいる」とおっしゃったのです。しかしこの時、弟子たちはイエス様の言葉が何を意味するのかよく分からなかったことでしょう。実はイエス様は“聖霊なる神様”が弟子たちと共にいるということを言われたのです。

弟子たちは五旬節のとき屋根裏部屋で聖霊なる神様を体験し、その体験から“インマヌエル”の言葉の意味を悟りました。怖がりだったペテロが勇敢になりました。イエス様が行われた奇跡が弟子たちを通して同じように起こるようになりました。驚くべき事が次々と起こったのです。イエス様のお言葉のように、神様は弟子たちと共におられたのです。

みなさんは弟子でしょうか?イエス様の遺された言葉のとおり、次の“弟子”を育ててください。それは簡単なことではありません。その働きに対する集中が必要です。お約束の通り、神様はみなさんと共にいてくださいます。それは小さくて狭い道ですが、価値ある人生なのです。私はみなさんとご一緒に、この尊い働きに加わることができ幸せです。イエス様は「世の終わりまで私たちと共にいてくださる」と約束されました。主に感謝します。

 

 

コメントは受け付けていません。