2021年1月31日「リーダーシップを考えよう」加山献牧師

「リーダーシップを考えよう」加山献牧師

出エジプト記18章13節~27節

エジプトを脱出したイスラエルの民は約束の地を目指し、旅を続けていました。その旅の途中で、モーセの義理の父であるエトロが訪ねてきました。そして経験豊かなエトロは、民の導き方(リーダーシップ)について、モーセに助言を与えました。

書店に入るならば、リーダーシップというテーマは一つのコーナーを形成し、リーダーシップについての新刊は絶えることがありません。良き指導者、良き上司になるためにはどうすれば良いのか、どうすれば皆がついてくるような良い影響力を発揮することができるのか、世の中の多くの人がリーダーシップということに関心を持っていることが分かります。

それでは、今日の聖書箇所をリーダーシップという観点から見ると、どのようなアドバイスが語られているのか、見ていきたいと思います。

(1)良きリーダーには『支え』が必要である

第一に、良きリーダーには『支え』が必要である、ということです。朝から晩まで、人々の相談に乗り、さまざまな問題を解決しようと努めていたモーセに、しゅうとのエテロは次の様にアドバイスしました

「あなたのやり方は良くない。あなた自身も、あなたを訪ねて来る民も、きっと疲れ果ててしまうだろう。このやり方ではあなたの荷が重すぎて、一人では負いきれないからだ。」(17節18節)

モーセには、多くのプレッシャーがありました。イスラエルの民の行く末が、彼の肩に重くのしかかっていたのです。モーセという歴史に名を遺す偉大な指導者にも、共に働き、支えてくれる人が必要だったのです。どんなに優れた指導者にも、限界があり、弱さがある。これが今日の聖書箇所が語っている一つのリーダー像です。どんなリーダーにも、欠けを覆い、破れをになって、助けてくれる、フォローしてくれる、支え手が必要なのです。

(2)良きリーダーには『ビジョン』が必要である

第二に、良きリーダーには良き『ビジョン』が必要だということです。20節で、エトロは次のようにもアドバイスしています。

「わたしの言うことを聞きなさい。助言をしよう。神があなたと共におられるように。あなたが民に代わって神の前に立って事件について神に述べ、彼らに掟と指示を示して、彼らの歩むべき道となすべき事を教えなさい。」(19節~20節)

聖書の別の箇所には「幻のない民は滅びる」という言葉がありますが、それほどまでに将来に対するビジョンというものを聖書は大切にしています。

自分の属する家庭に、自分の職場に、自分自身の人生に、そして私たちの教会に、私たちはどのようなビジョンを持つでしょうか。

さらに重要なことは、聖書の語っているビジョンは、人から出てきたビジョンではなく、神様が夢見てくださった未来、神様が願っておられる私たちの将来である、ということです。神様は、私たちの未来に、そしてこの教会に、どのような夢を描いてくださっているでしょうか。

 

 

コメントは受け付けていません。