2021年1月17日「神殿での少年イエス」今村まさゑ協力牧師

「神殿での少年イエス」今村まさゑ協力牧師

ルカによる福音書2章41節~52節

ベツレヘムで誕生なされたイエスさまは、きよめの期間を過ぎて宮詣でをすませ、ナザレでお育ちになったとあります。そして、マタイ福音書2章13節以降に、ヘロデ王が命を狙っているのでエジプトに避難なさり、王が死んだとのみ告げを受けてナザレに帰り住んだと記されています。「幼子はたくましく育ち、知恵に満ち」とあります。ナザレの村は、なだらかな山々に囲まれ、アネモネや野生のシクラメンなどが咲き、糸杉やナツメヤシの木々が茂っていました。空にはコウノトリが群れて舞い、山には岩だぬきが・・ そのような自然の中で、イエスさまは村の子どもたちと野山を走り回られ、たくましく育たれたのでしょう。また、ユダヤの子どもたちは幼い時からシナゴーグ(会堂)で、ラビ(律法の教師)から、聖書の教育を受けていましたので、「幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵に包まれていた。」の通りです。

さて、41節からですが、両親は毎年エルサレムに旅をしたとあります。イスラエルの3大祭りの筆頭は過超祭です(他に除酵祭、仮庵祭)。イスラエル民族にとって最も大切な祭りで、祖先がエジプトの奴隷であった時に、労働力を惜しむエジプト王に、神は10の災いの最後に、鴨居の柱に羊の血を塗れば災いを過越すが、血を塗らなかった家の長子はことごとく死んだのです。王の長子も死にました。エジプト王は遂に、イスラエル人の脱出を認めたという出来事がありました。その恵みを記念する祭です。鴨居に塗った羊の血とは、まさにイエスさまの流される十字架の血潮を象徴していました。神の命により(出23:14~、申16:16)イスラエルの男子は祭りを厳守しましたので、150キロの道のりを4~5日かけての旅をしたのです。無事に都に着き、祭りが終わり帰路についたときのことです。(43節)一日分を歩いて、イエスさまが居ないことに気づき、両親は6人の子ども(マルコ6:3)を親戚や知人に託して引き返しました。「三日の後、イエスが神殿の境内で、学者たちの真ん中に座り、質問しておられるのを見つけた」のです。疲労困憊していた両親はイエスを見て驚き、母親は「なぜ、こんなことをしてくれたのです」と。するとイエスは、こともなげに「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分に父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」「ここにいるのは当たり前」とは「ここに居ない訳にはいかない」という必然性を表す言葉です。神殿にいることが当然で、神の子としての自覚をもっておられたということがわかります。イエスは両親とナザレに帰り18年間「両親に仕えてお暮しになった」のです。

「イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。」(52節)と結ばれています。神と人とに愛されたとは、人々との関係のなかに存在し、神に仕え、また、人に仕える歩みをなさった証でしょう。

『愛によって互いに仕えなさい。律法全体は、「隣人を自分のように愛しなさい」という一語によって全うされるからです。』(ガラ5:13)  参照聖句(イザヤ55:9)

 

 

コメントは受け付けていません。