2019年12月1日「神さまの名前」加山献牧師

「神さまの名前」加山献牧師

出エジプト記3章11節~15節

モーセは神に尋ねました。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ参ります。彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに遣わされたのです』と言えば、彼らは、『その名は一体何か』と問うにちがいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか。』」(13節)

神はご自身の名を尋ねられて、次のようにモーセに答えられました。「わたしはある。わたしはあるという者だ」、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」(14節) この言葉から三つのことを考えていきたいと思います。

第一に、この神は、今、現在形で確かに存在しておられる、ということです。存在しているようで存在していない他の神々とは違う。私はたしかに存在し、生きて働いているものである、と神は語られました。

第二に、神は他の何者にも依存することはなく、ただお一人で完結した存在である、ということです。モーセは「わたしは何者でしょうか」(英訳は“who am I?”)(11節)と問いかけました。わたしという存在が何なのか、まったく分からないでいるモーセ(=人間)に対して、神は言われました。”I am who I am”、「わたしはわたしなのだ、わたしは他の何かに依存する必要がまったくないのである」という宣言です。

第三に、わたしは他のすべての存在を呼びおこし、支えているものである、ということです。無から有を生み出し、存在させたもの。何もなかったところに、この世界を生み出し、私たちひとりひとりの存在を支えてくださっている方である、という意味です。

人間はまず、生まれてきた家庭の中で、家族の存在によって自分が何者かを知ります。さらに学校の友人、仕事仲間など、人々と出会い、様々な集団に属していく中で自己認識を形成し、自分の存在の意義を実感していきます。私たちは常に、他の人との関係性の中で、また所属している「場」の只中で「自分は何者であるか」ということを理解し、測り、認識しているのです。そのような関係性は人間にとって必要不可欠であると言えます。

人は誰でも、この世界で孤立し、ひとりぼっちとなり、孤独を味わうならば、もはや自分自身を保つことはできません。しかし、神の場合は違うのです。この神はたった一人で自己充足し、その豊かさのあまりに、満ち足りている方なのです。ところがこの神が ――何者にも依存する必要のないはずの神が――、人を愛し、人に関わってくださり、人を必要としてくださるのです。なんという恵み、なんという喜びでしょうか。人間はこの神を抜きにして、自分が一体何者であるか、その究極的な意味を知ることはできません。この神の前に立つとき、つまり、カルバリの十字架の前に立つとき、人は真に自分が何者であるかを知ることができるのです。

わたしたちは揺るがされることのない存在によって生み出され、支えられています。わたしたちは、絶対的な存在によって、個人的に知られていて、愛されています。しかも、あの十字架の愛によって愛されているのです。

 

 

 

コメントは受け付けていません。