2019年11月3日「認められたい、愛されたい」加山献牧師

「認められたい、愛されたい」加山献牧師

マタイによる福音書6章1~6節、16~18節

当時の人々は「施し、祈り、断食」という三つの行いを、とても大切にしていました。しかし、イエスさまは今回の聖書箇所で「見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい」(1節)と語られました。

人は誰でも自分以外の人に認められたいという欲求を持っています。それは、ある程度は自然なことです。他者から認めてもらうこと、必要とされることは人間が生きていくために必須です。誰でも、達成したことを褒めてもらえれば、やはり嬉しいですし、やりがいも感じることでしょう。この心の求めは、心理学では「承認欲求」と呼ばれています。

私たちは実に、他者に受け入れられたいと思って、生きるものではないでしょうか。父に受け入れられたい息子、母に受け入れられたい娘、夫に愛されたい妻、妻から認められたい夫、先生やコーチから褒められたい生徒、友人たちから認められたい若者。ありのままの自分を受け入れてくれる家族や友人を持っている者は幸いです。

しかし今、強く申し上げたいことは、すべての人は全宇宙を作られた偉大な方から、愛され、認められ、受け入れられている、という事実です。私たちの承認欲求は、まず神の愛によって充足するべきなのです。

世間は素晴らしい成果を上げた時には「すごい」と言ってくれることがしばしばです。しかし、キリストはただ私たちが存在しているだけで「すばらしい!」と感嘆してくださるお方です。何故なら私たちは神の作品であるという一点で素晴らしい存在であるからです。

何かができたから褒められるのではありません。キリストは私たちをそのまま愛しておられます。何故なら神は初めから、愛するために私たちを造ってくださったからです。これが人間存在の原点なのです。

神は、頑張っている私たちを愛しておられますが、頑張れない私たちのことも愛しておられます。隠れたことを見ておられる神は、私たちの罪を暴くためだけに私たち見ておられるのではありません。私たちの苦労、私たち流す涙を見て、必ず報いてくださいます。

人間はこの神から離れて、自分のことを最も大切に思っていてくださる存在を忘れて生きています。この神から離れている状態を聖書は「罪」と語っています。無条件に愛する神様を、人は見失っています。見失っているということ以上に、人は神を捨てたのです。人類にとって、これほど大きな損失はありません。神の愛によって生まれたからには、神の愛によって生きるべきです。私たちは、認められ、受け入れられ、愛されていることを知る者となりましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。